薬剤師 仕事

管理薬剤師 業務

管理薬剤師の業務は、医薬品や従業員たちの監督やマネジメントにも関わり、
いろいろな能力が求められるポジションです。
経営者や店長と同じような権限で仕事をすることもあります。

 

管理薬剤師の業務内容は薬剤師としての仕事にプラスして
従業員や医薬品管理の仕事にも関わるので、内容はかなり幅広くなります。
管理薬剤師が活躍している職場は、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社、
医療関連企業などですが、どのような職場でも重要な役割をしています。

 

 

管理薬剤師の業務内容は、活躍する場所によって異なりますが、
管理薬剤師が多い調剤薬局での仕事内容を見ていきましょう。

 

まずは、管理業務。薬局で処方や保管している医薬品の管理に関わります。
薬局の中の医薬品がきちんと整理されて並べられているか、
決められた保管方法で貯蔵されているか、不良品や有効期限切れなどの
医薬品が混ざっていないか、など適正に品質管理できているかをチェックします。
医薬品を適性に管理できない設備だったら、薬局の開設者に言って改善してもらわないといけません。

 

 

一緒に働いている薬剤師や、事務員さんらの従業員の監督も業務の一つです。

 

従業員が決められた法律を守って正しい情報を患者さんに伝えているか、
マナーを守った接客をしているかなども管理薬剤師の仕事内容です。
従業員にとっても患者さんにとっても衛生的で
居心地のいい場であるように管理することも大切です。

 

 

また、社内や社外の人たちのコミュニケーション能力も大切になります。

 

例えば、薬に関する専門知識などを従業員に教えるのも仕事の一つです。
調剤薬局では患者さんが医薬品を正しく使用するために情報提供業務がきちんとできるよう、
服薬について指導していくのも管理薬剤師の役目なのです。

 

通常の業務の中では、社外から取り扱う医薬品に関する相談や苦情を受けることもあるでしょう。
一人ひとりの状況に合わせたアドバイスや対応を行っていくのも、管理薬剤師の仕事内容です。

 

いつも新しい情報を得られるように、普段から周囲のいろいろな意見を聞いて取り入れたり、
情報のアンテナを立てておく事も管理薬剤師の仕事内容に含まれます。

 

 

その他にも、薬局にある医薬品の在庫管理の監督責任もありますし、
薬の購入や販売に関する伝票などを薬事法に基づいて管理する責任もあります。
麻薬、向精神薬、毒物劇物などを取り扱う場合は
法律で定められた帳簿に記載するなどの管理責任もあります。

 

 

管理薬剤師は、一般の薬剤師に比べてみると、
業務内容が幅広くなり大変になりますが、その分やりがいがあります。
管理薬剤師になってキャリアアップを目指してみようかなと思った方は、
チャレンジしてみてはどうでしょうか。
責任のある立場での仕事はモチベーションも上がると思います。

 

ページの上に戻る