薬剤師 仕事

管理薬剤師になるには

薬事法により定められた、医薬品の取扱いや販売・製造を行う場所には
「管理薬剤師」を置くという義務付けがあるのですが、
では、どのような薬剤師の方が管理薬剤師になれるのでしょうか?
中には特別な資格が必要なのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

薬剤師の求人でも管理薬剤師を募集している事が多々ありますが、
薬剤師資格の他に特別に管理資格を保持していなければならないという事ではありません。
管理能力がある薬剤師の方であればだれでも保険薬剤師の求人にアプローチできます。

 

ただし、実際の現場では薬剤師としての実務経験が
3年以上ある方が望ましいというのが雇用側としては一般的な見解となっています。

 

というのも管理薬剤師の職務というのは従業員の監督と医薬品の管理はもちろんですが、
調剤薬局のケースでは薬事法や薬剤師法などに関する法律や、医療保険に関する
知識も必要になる等、ほとんどの業務に関しての知識とその指導能力が要求されます。

 

また、従業員たちの管理をも行わなければなりませんので、
人間関係の構築やコミュニケーション能力、
信頼される人間性も求められることになるでしょう。

 

しかし、現状では新卒の方でも管理薬剤師として雇用される場合もあり、
実際に働きながら知識や経験を身につけて行くパターンもあります。

 

特に最近多いのは、ドラッグストアや中小規模の調剤薬局などからの募集です。
店舗に1人の薬剤師が設定されている場合は、
その雇用された薬剤師が管理薬剤師になるしかありません。

 

また、少数ですが一般企業や製薬会社などの工場でも管理薬剤師を募集しています。
主に商品の入荷や、出荷などの管理が業務となりますが、
この場合も薬剤師1人雇用が多いですので必然的に管理薬剤師となるでしょう。

 

薬剤師でありさえすれば、どんな方でも管理薬剤師になるチャンスはあるという事です。

 

管理薬剤師として勤務できれば、薬剤の専門知識だけではなく
マネージメントや指導者や経営者としてのノウハウも習得できます。

 

調剤薬局の薬剤師として物足りなさを感じていらっしゃる方や、年収アップを考えている方、
またはこの先独立を考えている方にとっては良い環境となるに違いありません。

 

管理薬剤師としてキャリアアップをお考えの方は、薬剤師転職サイトをご利用してみてください。
求人サイトでは、好条件の非公開求人を多く取り扱っていますし、
専任のコンサルタントさんがつき、希望の条件にあった最適な求人情報を紹介してくれますので
より良い転職ができる可能性が広がります。

 

 

ページの上に戻る