薬剤師 仕事

管理薬剤師 手当

管理薬剤師の手当とは薬剤師手当とは別に、管理職という役職に対する手当になり、
管理薬剤師になると所定の手当がいつもの給料に上乗せして支給されます。
手当がもらえると仕事へのモチベーションもアップしますし、なんと言っても嬉しいです。

 

せっかく管理薬剤師を目指すのでしたら、相場くらいの手当は欲しいものです。
そうなると管理薬剤師の手当の相場が知りたいですね。

 

管理薬剤師になったからといっても全国どこでも一律の手当の金額ではありません
勤務先や勤務場所によって管理薬剤師手当の金額には幅があるのが現状です。

 

管理薬剤師手当は月額1万円から10万円くらいまで可能という統計もありますが、
まず、ドラッグストアや調剤薬局の管理薬剤師の場合は4〜6万円の管理薬剤師手当が相場です。

 

薬剤師が不足気味の地方にいくと
8万円〜という高待遇の管理薬剤師手当が支給されることもあります。
地方だと基本給の相場も高いところが多いですので、
管理薬剤師として働くと手当がついて年収も格段によくなる可能性があります。

 

また、管理薬剤師になると職場によっては
店長として店舗の売り上げや顧客管理などに関わっていきます。
店舗運営からマネージメント、従業員の管理など、多くの責務をになっている管理薬剤師は
店舗が大きければそれだけ多くの責任がありますが、
もらえる給料にも反映しますのでやりがいを求める人には向いています。

 

 

では、医薬品卸会社や医薬品製造業、
工場などの企業に勤める管理薬剤師の手当の相場はどうでしょう。
管理薬剤師手当は平均して1〜4万円という数字が出ているので、全般的に低めな感じがします。

 

 

管理薬剤師の手当は勤務先や勤務場所によって様々です。
しかし、手当が低くても高くても何かあった時の法律上の責任者は管理薬剤師の方になりますので
仕事の内容に見合った手当は貰っておかないと後悔することに繋がります。

 

 

管理薬剤師候補の求人は多数ありますので、
採用されれば手当をもらえて年収の大幅増も夢ではありません。

 

給料アップを狙って転職を考えている薬剤師の方は、手当の相場も理解したうえで
管理薬剤師手当の項目はしっかりチェックしておいたほうがいいでしょう。

 

例えば、月額に5万円もらえれば年収で計算すれば
60万円の差になりますから、大幅な年収アップが期待できます。

 

 

 

ページの上に戻る