薬剤師 仕事

感染制御認定薬剤師

感染制御認定薬剤師とは、日本病院薬剤師会が認定している認定薬剤師の資格の一つで、
感染制御についての専門知識をもつ薬剤師を客観的に評価することを目的としています。

 

感染制御における薬剤師の役割として、抗菌薬や消毒薬の適正使用がありますが、
一つ一つの薬剤の特性を検証し、抗菌薬の選択やTDMを含む投与設計を行うことが必要です。
そのため、感染制御認定薬剤師の認定の過程では、
抗菌薬や消毒薬についての専門的な知識を習得します。

 

また、感染制御では、薬剤の知識だけではなく、感染症の疾患、感染対策、
感染対策チームのマネジメント、感染症法などの法規への理解など、幅広い知識が求められます。

 

これらの知識を体系的に学び、医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師、
事務職員で構成される感染対策チーム全体で、
感染対策を行うことができるようにすることが、この資格の理念であり、目的になります。

 

 

資格を有しているからといって、手厚い資格手当があるわけではありませんが、
感染制御についての専門的な知識を有していることは、
患者さんの感染症治療や院内感染対策チームにおいて
薬剤師としての専門的な意見を発することができるというメリットがあります。

 

特に患者さんとの関わりにおいては、患者さん個々の症状や状況に応じた
薬物療法や感染症対策について話すことができるため、
患者さんの不安や疑問に自信をもって応えることができるようになります。

 

また、キャリアアップという点においても、
専門性の高い薬剤師として病院や会社内で高く評価される他、
転職市場においても、他の薬剤師よりも有利に転職活動をすることができます。

 

 

参考ページ:日本病院薬剤師会

 

ページの上に戻る