薬剤師 仕事

救急認定薬剤師

救急医療では、身体に損傷や炎症などにより、
バイタルサイン(脈拍、呼吸数、体温、血圧、意識レベル)が大きく変動している時期から、
確定診断がついていなくても、治療を始めなくてはなりません。
緊急性や重症度を判断し、治療の優先順位を決めて治療を進めていくというのは、
救急医療ならではの特徴です。

 

しかし、救急医療の現場では、救急専門医や救急医療専門の看護師の数に比べて、
救急医療についての専門性の高い薬剤師の数は絶対的に不足していました。

 

特に患者さんに最も長く接している看護師にとって、
薬物療法について相談できる薬剤師の存在は欠かせません。

 

患者に傷害を及ぼすまでは至らなかったが、ヒヤリとするような医療上のミスで
最も多いのは薬剤に関連するものであることを考えても、
専門性の高い薬剤師が救急医療の現場に求められていたのです。

 

そんな背景から、2008年度の診療報酬の改定で
救急医療に関わる薬剤師が増えたことを追い風に、2010年に日本臨床救急医学会や
日本病院薬剤師会が中心となって作られた資格が、救急認定薬剤師です。
救急医療における薬物療法の高度な知識と技術を身につけた薬剤師を育成することが目的です。

 

 

救急認定薬剤師は、医師、看護師、栄養士などの薬剤師との関わりがある職種だけでなく、
救急救命士、臨床工学技士、診療放射線技師、ソーシャルワーカーなどの
薬剤師と馴染みの薄い職種と連携することが必要です。

 

資格の取得を通じて、救急医療における薬物療法の知識を身につけることはもちろんですが、
他職種が救急医療の現場で何をになっているのかなど、
他の職種と連携するため知識やスキルも身につけなければいけません。

 

また、災害時には医師や看護師だけでなく、薬剤師も重要な役割をもちます。

 

日常的な現場だけでなく、救急医療や災害時の現場でも役立てることのできる
知識と技術を身につけられることは、救急認定薬剤師の資格取得のメリットになります。

 

 

参考ページ:日本臨床救急医学会

 

ページの上に戻る