薬剤師 仕事

認定薬剤師・専門薬剤師とは

認定薬剤師の制度は、所定の期間内に研修を受け、
その単位を持ってテストを受け、合格した人に対して資格が与えられるものです。

現在、日本全国には日本薬剤師研修センター、日本医療薬学会、日本病院薬剤師会など
複数の認証機関が存在し、それに合わせて資格の数も多種多様となっていますが、
どの資格であっても各機関の定める講義などを受講することが必須となります。

特定の専門分野において十分な知識と技術を持って
質の高い業務を実践していることが認められた上で、
一定の研修参加や試験合格といった実績をあげた
薬剤師に対し様々な団体から各種認定証が発行されて認定薬剤師となります。

多くの場合、最初のステップとして認定薬剤師を取得し、
その中で他の薬剤師に対する指導的役割を果たし、
研究活動等についても行うことができる能力を有し、
さらに試験合格した薬剤師が専門薬剤師となります。


認定薬剤師の資格を取得すると自分自身のスキルアップだけでなく、
より専門的な医療に関わることができるので、実務経験のレベルアップにもなります。
また、定められた期間内に更新をして認定薬剤師を続ければ、
そのぶんきちんと勉強を続けているとアピールすることもできます。

認定薬剤師にはそれぞれの機関ごとに種類が存在しますが、
薬剤師はまず自分が活躍したい、専門的知識を得たい分野を選択しなければなりません。
ですので、認定薬剤師として将来どの分野に進むか十分に見極めることも必要です。


もしも、勤めている職場で特定の資格取得が奨励されており、
手当として給与に反映されるのであれば積極的に取得したいところですが、
それ以外については自発的に分野を絞って勉強を進めていくことになります。

実際問題、薬剤師の仕事は多忙であり、
なかなか認定薬剤師になるための勉強が続けられないといった問題もあります。
年に何度も講習に参加しなければならず、時間の都合がつきにくいことも考えられますから、
どうしても業務が多忙な場合はあらかじめ職場に相談をした上で資格を取得するようにしましょう。

認定薬剤師の種類は豊富にあり、専門薬剤師として活躍する道はたくさん用意されています。
以下に、認定薬剤師と専門薬剤師の種類をお伝えしていますのでご参考にしてみてください。


認定薬剤師 種類


認定薬剤師
資格名 概要 認定団体
研修認定薬剤師 一定期間内に、研修によって得た所定の単位を申請し
認定された薬剤師。認定されることで常に時代に即した
薬学的ケアを行える薬剤師であると保障され、
他の医療従事者や患者さんからの信頼を高めることができます。
日本薬剤師研修
センター
認定実務実習
指導薬剤師
6年制薬学生の長期実務実習の指導者として
ふさわしい薬剤師を養成、認定する制度です。
所定の研修を修了後、
申請をすることで取得することができます。
日本薬剤師研修
センター
がん薬物療法
認定薬剤師
がん薬物療法の専門家として、将来的にはがん専門薬剤師を
目指していく位置づけにあるとされる資格です。
専門的な知識を有し、認定のハードルも高い資格です。
日本病院薬剤師会
感染制御
認定薬剤師
感染制御(感染防止)の専門家として2006年に誕生した資格。
消毒薬や抗生物質は効果的である一方種類が多く、
その特徴に合わせて活用するには専門の知識が必要です。
その専門家として活躍することが期待されています。
日本病院薬剤師会
精神科薬物療法
認定薬剤師
精神科で扱う薬物に特化した専門的知識をもつ
薬剤師を認定する資格です。
ストレス社会の中で近年需要が増えている精神科領域において
多岐にわたる症状に合った薬剤情報を提供、医療チームに
おける薬の処方管理の責任者としても期待される存在です。
日本病院薬剤師会
HIV感染症薬物療法
認定薬剤師
日本のHIV感染者数は2007年をピークに若干の減少傾向には
あるものの、まだまだ多くの方が毎年感染しています。
HIV感染症に対する薬物療法に関する高度な知識と技術、
倫理観を備えると認定された
この資格を持つ薬剤師の存在はとても貴重です。
日本病院薬剤師会
妊婦・授乳婦
薬物療法
認定薬剤師
胎児・哺乳児への移行も考慮しながら行う
妊婦・授乳婦への薬物療法。
妊娠・授乳期の薬物療法に関する高度な知識と技術、倫理観により
母子の健康と薬物作用に配慮した薬物療法を行います。
日本病院薬剤師会
漢方薬・生薬
認定薬剤師
漢方薬・生薬に関する専門的知識を習得して、患者さんに対して
正しく処方したり服用方法を指示する専門性を持った薬剤師。
漢方薬には西洋薬とは異なる効果や副作用があり、患者さんの
体質や症状、病気の種類によって使い分けをはかります。
日本薬剤師研修
センター


日本生薬学会
緩和薬物療法
認定薬剤師
おもにがん治療における緩和ケアチームで、医師、
看護師らと共に緩和ケアに専門にあたる薬剤師です。
2011年に第一回の認定試験が行われた比較的新しい資格です。
今後、緩和ケアの広がりに従い
重要性が増してくると考えられます。
日本緩和医療
薬学会
プライマリ・ケア
認定薬剤師
プライマリ・ケアとは、国民の健康や病気、福祉に対して、
総合的、継続的な医療を実践しようという概念。
少子高齢化社会にあって、注目される医療の在り方です。
その中でも薬剤師は地域医療の担い手、
健康相談の窓口などとして期待される存在です。
日本プライマリ・
ケア連合学会
スポーツ
ファーマシスト
最新のドーピング防止規則に関する正確な情報・知識を
持つ薬剤師として、競技者や指導者への薬の使い方に
関する情報提供や啓発活動を期待されています。
日本アンチ・
ドーピング機構
抗菌化学療法
認定薬剤師
これまでの薬剤師の立場から一歩踏み込み、
“一緒に治療する立場”から「感染症の種類や病態に応じて
どの抗菌薬を選択し、どう使ったらいいのか」という提言、
ICTの中での抗菌薬使用のスペシャリストとしての
活躍を期待されている資格です。
日本化学療法学会
救急認定薬剤師 高齢化に伴い、救急医療の現場も複数の病を抱える
高齢者を診るにあたり、チーム医療の必要性が高まっています。
その中で薬学的見地から集中治療、感染管理、栄養管理
などに関わることのできる薬剤師の貢献度は高まっています。
日本臨床救急
医学会
小児薬物療法
認定薬剤師
小児向けの薬物療法について専門的な知識と能力を持った
薬剤師を認定します。取得後は小児科の医療チームの
一員として患者さんに向き合うとともに、
保護者に対しても適切な服薬指導をすることになります。
日本小児臨床
薬理学会


日本薬剤師研修
センター
日本医療薬学会
認定薬剤師
薬の専門家として、幅広い知識と欺罔を備えた
薬剤師を輩出するために1998年に発足。
薬剤師の認定制度の先駆けともなりました。
日本医療薬学会が認定するがん専門薬剤師に
なるための認定資格の一つにもなっています。
日本医療薬学会
腎臓病薬物療法
認定薬剤師
腎臓病薬物療法に関する十分な知識・技能を
有することが認められた薬剤師に与えられます。
有効かつ安全で、個々の患者に配慮した最適な
薬物療法を提供し、各医療機関において
質の高い業務を実践することが求められます。
日本腎臓病
薬物療法学会

専門薬剤師
資格名 概要 認定団体
がん専門薬剤師 これまで日本病院薬剤師会が認定してきた資格ですが、
平成22年より日本医療薬学会に移管、制度内容そのものを改変し、
臨床能力をより重視する資格となり、
同年5月には厚生労働省医政局から
「広告が可能な」専門性資格として認められました。
日本医療薬学会
感染制御
専門薬剤師
感染制御認定薬剤師あるいはICD制度協議会が
認定するインフェクションコントロールドクターの資格があり
学会発表を行っている方に受験資格があります。
認定薬剤師以上の知見と指導力が求められ、
ICUでの活躍も望まれています。
日本病院薬剤師会
精神科専門薬剤師 精神科薬物療法認定薬剤師の資格があり
学会発表を行っている方に受験資格があります。
疾患、薬剤への理解、知識があることはもちろん、
患者さんとのコミュニケーション、
地域医療への貢献も期待されています。
日本病院薬剤師会
妊婦・授乳婦
専門薬剤師
妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の資格があり
学会発表を行っている方に受験資格があります。
必要な服薬支援を行うための妊婦・授乳婦に対する
カウンセリングも行いますので
倫理性と科学的知識に基づく高い知見が求められます。
日本病院薬剤師会
HIV感染症
専門薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師の資格があり
学会発表を行っている方に受験資格があります。
HIV感染症のスペシャリストとしてチーム医療にあたる
方々への情報提供、予防策としての保険薬局や
教育現場との連携など幅広い活躍が期待されています。
日本病院薬剤師会
日本禁煙学会認定
専門指導者
禁煙外来などで禁煙指導などを行います。
5年間日本禁煙学会の会員であること、
禁煙に関する論文提出などの資格取得要件があります。
最初からこの資格の認定試験を受けることもできますが、
「認定指導薬剤師」からのステップアップの道もあります。
日本禁煙学会
薬物療法
専門薬剤師
薬の専門家の中でも特に臨床能力に重点を置き、
幅広い領域で高い水準の知識・技術を備えた
“スーパージェネラリスト”として期待される薬剤師。
2012年5月に制度発足、認定申請の受け付けが
2013年から始まった新しい資格です。
日本医療薬学会
腎臓病薬物療法
専門薬剤師
腎臓病薬物療法に関して指導的役割を果たし、
研究活動等においても秀でた能力を持つ薬剤師に与えられます。
腎臓病・透析・CKD などの専門性を生かし、
病態を熟知した患者教育によるアドヒアランス向上
という任務を実践できることが望まれます。
日本腎臓病
薬物療法学会

 

ページの上に戻る