薬剤師 仕事

薬剤師パート時給相場

一度は正社員薬剤師として働きながらも、結婚や出産、育児、
その他家庭の事情などで離職される方は少なくありません。

 

そんな方の中には、仕事復帰の際にパート薬剤師として復帰される方もたくさんいます。
仕事と家庭の両立を考えれば、フルタイムで働くことは難しいと判断できるからです。

 

パート薬剤師として働く上で、考慮すべき条件はいくつもあります。
週何日働く必要があるのか、1日何時間働く必要があるのか、
場所は家から近いか、どんな仕事内容かなどです。

 

ですが一番気になってくるのは、パート薬剤師で働く場合の時給や給与面ではないでしょうか?

 

いくら自宅から近かったり、綺麗な職場だったとしても、
時給が相場より低ければ働く意欲も上がりません。

 

そこで、ここではパート薬剤師の時給相場について紹介します。

 

薬剤師はパートでも一般の仕事より遥かに時給は高く、
全国的に2,000円前後が薬剤師パートの時給の相場になります。

 

ちなみに、平成26年(2014)の平均時給は、2,199円
平成25年(2013)の平均時給は、2,130円
平成24年(2012)の平均時給は、2,154円になります。

 

比較的に安いところであっても、1,800円程度ですから、
ほかの職種と比較しても、かなり高いということが言えるでしょう。
高いところになると、時給は平均時給2倍の4,000円を設定しているところもあります。

 

また、薬剤師が集中している東京・大阪・神奈川・愛知・福岡などと、
薬剤師不足の地方では、時給の相場にも大きな差があります。
必然的に、薬剤師が不足していない都市部では時給が平均的で、地方では高めな傾向にあります。
これは、需要度の高さに違いがあるためだと言えます。

 

 

パート薬剤師の職場として考えられるのは、
調剤薬局、OTC販売(主にドラッグストア)、病院の3つがほとんどですが、
肝心の時給は、この中ではドラッグストアの時給が一番高い傾向にあります。
次が調剤薬局、病院の順です。

 

では、なぜドラッグストアの時給が一番よいのでしょうか。
それは、3つの職場の中で一番仕事が大変なのがドラッグストアだからです。
OTC販売がドラッグストアで働くパート薬剤師の仕事ですが、
決してそれだけではなく、レジでの接客から商品棚の陳列や掃除など、
「いわゆる薬剤師の仕事」とは直接関係のない業務まで担当させられる場合が多く、
薬剤師の定着率が他の職場に比べて悪いためです。
そのため、お店側もやや高い時給を出して、職場に引き止めることになります。

 

他にも、経験や働く曜日・時間帯などによって時給が違う場合もあり、
例えば、新卒と経験者を比較した場合、
経験者の時給は100円が上乗せされる場合も少なくありません。

 

 

以上、パート薬剤師の時給相場を見てきましたが、
実際には、転職者の能力以外にも、お店や薬局・病院の人手不足の状況によって
時給が大きく違ってくることが少なくありません。

 

上で見たパート薬剤師の時給相場は、あくまで全国の平均時給でして、
これより低い時給もありますし、これより高い時給もあります。
例えば、ある調剤薬局ではパート薬剤師に時給4,000円を設定しているところもありますし、
3,000円以上の時給を設定しているドラッグストアも意外に数多くあります。

 

ただ、これらの平均相場より高めの薬剤師パート求人は
非公開求人であることがほとんどで、一般には情報が出てきません。
こうした高時給のパート薬剤師情報は非公開求人であることが多く、
事前に薬剤師専門の求人支援サイトに登録する必要があります。
パート探しでは、こうした転職サイトを上手に活用したいところです。

 

まずは、自分の住んでる地域、働きたい場所の
薬剤師パートの時給相場を把握することが大切です。

 

転職支援サービスの地域担当コンサルトに聞けば
住んでる地域の時給の相場を、具体的に知ることができます。
今スグに転職したり仕事探しをするつもりが無くても、
話を聞くだけでも大丈夫ですので気軽に利用してみてください。

 

同じ仕事をして、1時間2,000円の時給と、2,500円では、
1日6時間働いたと仮定しても、3,000円も違ってきます。
月に20日働けば、それだけで6万円の差です。
1ヶ月24万円が30万円になりますのでこの差は非常に大きいです。

 

 

薬剤師の転職サイト比較はこちらです

 

ページの上に戻る