薬剤師 仕事

病院薬剤師とは

病院薬剤師とは、病院に勤務し入院患者さんや外来の患者さんに
医師が発行した処方箋を基に調剤をおこなったり、
また患者さんごとに過去の薬や副作用歴等を記載する薬歴を作成し管理をしています。
病院薬剤師の主な業務は以下をご参考にしてみてください。

 

調剤業務

入院患者さんや外来患者さんに医師の処方箋を基に調剤しお渡しします。
また他の診療科や他の病院との飲み合わせ・副作用・量・飲み方などのチェックを行い、
患者さん一人一人に適した形で調剤します。また、必要に応じて病院独自の製剤を行います。

 

製剤業務

一般に出回っていない薬や注射剤、高カロリー輸液、抗がん剤の製剤を行います。
また調剤の際の配合変化等にも注意しながら行います。

 

服薬説明

患者さんが薬を正しく使えるように薬の効果・使い方・注意点などをお伝えします。
また、患者さんからの薬に関する相談にも応じます。
入院患者さんについては、ベットサイドで薬の使い方や薬の効果などを説明し、
患者さんが使用中の薬全般を通じて、副作用や相互作用、薬の重複等、
多種多様な背景のもと、患者さんの手助けをしています。

 

注射薬調剤業務

入院患者さんに医師の処方箋を基に調剤を行います。
血液に直接入れるために無菌状態で特に注意をしながら調剤を行います。
また薬剤毎での配合変化(投与量・経路・速度・期間など)にも注意を行いながら調剤を行います。

 

医療品管理業務

病院で取り扱う医薬品は、内服薬、外用薬、注射薬などの他に、
検査薬、血液類、放射性医薬品、医療用ガス、衛生材料など多岐にわたります。
これらの品目を、品質・在庫管理、発注、供給などトータルな医薬品管理業務を行います。

 

医療品情報管理業務

医薬品の有効性、安全性を確認、整理し、
患者さんや医師、看護師、他の医療スタッフへ情報提供を行います。

 

治療業務

新しい薬が誕生するまでには、患者さんに協力いただいて、
効き目や安全性を確かめる試験を行い、厚生労働省で審査され認めてもらう必要があります。
このような臨床試験を「治験」と呼びます。

 

現在、世の中で使われているすべての薬は、
このような患者さんによる”治験への協力”によって生まれたものです。
治験は新しい薬を世の中に提供するための大切なプロセスのひとつなのです。

 

 

これまでの病院薬剤師の業務は、外来や入院している患者さんのための
調剤業務が主体でとても忙しく、このため患者さんよりも薬の方に目が向いていたということから
外来の患者さんは院外処方箋をもらって町の薬局で調剤してもらうことになりました。

 

そのおかげで、病院薬剤師は入院している患者さんへのきめ細かな
対応に仕事の重点を移すことができるようになりました。

 

また、同時に医薬分業よって病院の医師と薬局の薬剤師の2人の専門家が
医薬品の使用を二重で十分にチェックできるようになったため、
患者さんに手渡す薬の効果や安全性をより一層高めることができるようになりました。

 

ページの上に戻る