薬剤師 仕事

保険薬剤師とは

保険薬剤師とは、”保険薬局で調剤を行う薬剤師”のことで、
保険薬局というのは健康保険制度の保険適用を受けることのできる薬局のことです。

 

ただ、現在はほとんどの調剤薬局が保険適用の薬局であるため、
保険適用されない調剤薬局はほとんど存在しません。
わざわざ、保険を取り扱えない10割負担を覚悟でお薬をもらいに来る患者さんはいませんからね。

 

保険薬剤師になるには、国家資格を受けるということは必要なく、
保険薬剤師として登録をするだけで大丈夫です。
登録は、自分が勤務する調剤薬局を管轄する地方厚生局で、
書類による登録手続きを受ける必要があります。

 

手続きをすることで保険薬剤師として登録されますが、
登録されなければ調剤薬局で薬剤師として勤務することができません
ですので、調剤薬局に入社した場合には、必ず保険薬剤師の登録をするように指示されます。

 

 

しかし、病院内の調剤薬局で勤務する場合は、 保険薬剤師の登録は必要ありません。
保険薬剤師として登録をしなくても、保険適用上の調剤を行うことが出来ます。

 

また、ドラッグストアなどで薬剤師として働く場合でも
保険薬剤師としての登録は必要ありませんが、
調剤薬局が併用されているドラッグストアの場合は登録が必要です。

 

保険薬剤師とは大半の薬剤師が登録しているものであり、生活していく上では必要な存在です。

 

 

一般的に薬剤師は、医師からの処方箋を元に、保険調剤行為を行いますが、
保険薬剤師の場合には、調剤料の点数算定方法や解釈の仕方、請求まで
ひと通りの手続きが一人でできるような、健康保険や介護保険についての知識が必要となります。

 

患者さんの質問に対して、薬の説明だけでなく、金額などの説明にも
答えらえるような知識が求められるというのが保険薬剤師の大きな特徴でしょう。

 

ページの上に戻る