薬剤師 仕事

管理薬剤師とは

薬局や店舗、製造業では拠点ごとなどに法律で1人責任者を置くことが義務付けられています。
その責任者を管理薬剤師と呼び、管理薬剤師には、薬剤師しかなれません。

 

例えば薬局の経営は素人でもできますが、
その場合でも薬剤師を管理薬剤師として店舗を管理監督させなければなりません。
ですので、管理薬剤師は、経営者と同等あるいはそれ以上の責任が求められます。

 

その管理薬剤師が働くところといえば、
調剤薬局を頭に浮かべる人が多いかも知れません。

 

しかし、薬局の他にもドラッグストア、医薬品卸売業、病院、医薬品製造業、製薬会社など、
医薬品を扱ったり販売や製造をしているところには、
必ず管理薬剤師を置かなければならないことが法律により決まっています。

 

つまり、医薬品があるところには、管理薬剤師がいなければならないのです。

 

 

管理薬剤師の仕事内容は職場によって色々とありますが、
医薬品に関わるさまざまな管理をしています。

 

例えば調剤薬局の管理薬剤師では、医薬品の購入や販売の管理、薬の品質管理、
薬事法などに基づく薬事管理、構造設備の管理などを行っています。

 

保険やレセプトに関する知識も必要ですし、
一緒に働く薬剤師や医療事務の人の勤務管理などの仕事も含まれています。
薬に関する知識も人一倍必要です。

 

このように管理薬剤師とは、薬剤師の中では上の立場。
薬剤師の中の専門家として、管理をしていく責任のある仕事なのです。

 

ページの上に戻る