薬剤師 仕事

薬剤師の仕事 魅力ややりがい

近年、薬剤師求人の飽和が懸念されていますが、それでもまだまだ薬剤師の需要は高く、
不況下でも求人数が多いことは大きな魅力といえます。
今回はそんな薬剤師の仕事の魅力ややりがいについて考えてみます。

 

 

薬剤師としての仕事の魅力で、一般的に言われているのは、

  • 専門性の高さ
  • 社会的地位の高さ
  • 報酬の高さ

です。

 

その他にも、

  • 人の健康・命にかかわる尊い仕事
  • やりがいがあること
  • 女性が多いことから、結婚・出産後も薬剤師の免許をいかして

    パート勤務という働き方がある程度確立されていること

などが挙げられます。

 

 

しかし、魅力つまり「メリット」があれば反対に「デメリット」もあります。
次は職種別に仕事のメリット・デメリットを見ていきます。

 

 

薬剤師の仕事 職種別のメリットやデメリット

 

調剤薬局で働く薬剤師の仕事のメリットやデメリット

メリット

  • 残業時間が少ない
  • 直接患者さんと接する機会が多い

× デメリット

  • 職場空間が狭く、人間関係が悪いと居心地が悪くなりやすい
  • 大手の薬局チェーンでないと一般的なマナーを身につける機会がない

 

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事のメリットやデメリット

メリット

  • 求人数が多く、初任給が高い
  • 患者さん(お客さん)とのコミュニケーションが多く、サービス精神が身につく

× デメリット

  • 調剤など薬剤師としての業務以外にも仕事が多くある
  • 薬剤師がいないと販売できない薬もあるため、休みが取りづらいときもある

 

製薬会社で働く薬剤師の仕事のメリットやデメリット

メリット

  • 給料が高い
  • 有給休暇や産休・育休などの休暇が取得しやすい

× デメリット

  • 成果主義で、ハイレベルな知識と能力が求められる
  • 患者さんに接する機会が減る

 

病院薬剤師の仕事のメリットやデメリット

メリット

  • 薬剤師として総合的にスキルアップできる
  • チーム医療に携わることができる

× デメリット

  • 仕事内容の割に給料が少なく感じる
  • 医師や看護師など医療系スタッフとの人間関係がストレスになる場合がある

 

行政で働く薬剤師の仕事のメリットやデメリット

メリット

  • 給料も多く、休暇や福利厚生も安定している
  • よほどのことがない限りクビにならない

× デメリット

  • 求人数があまりない
  • 公立病院の勤務などでない限り、調剤の仕事はない

 

このようにどんな仕事にもメリット・デメリットがあることがわかりました。
では、その魅力ややりがいを最大限にアップさせるにはどのようにすればいいのでしょうか。

 

 

薬剤師の仕事の魅力をアップさせるには?

 

薬剤師免許の取得後、下記のような資格を取得すれば
より専門的な分野で活躍できる可能性もあります。

 

  • 毒物劇物取扱責任者
  • 麻薬管理者
  • 食品衛生管理者
  • 検疫委員
  • 衛生管理者
  • 医薬部外品・化粧品・医療器具の製造(輸入販売)責任技術者 など

 

薬剤師の仕事の魅力をアップさせるためには、
これらの資格取得を目指して勉強したりして、
絶えず勉強を重ね「薬剤師として新しい役割を開拓していきたい」という
チャレンジ精神をどんどん発揮させることが重要です。

 

 

おわりに

 

薬剤師の仕事のメリットやデメリットは言ってしまえば感じ方は「人それぞれ」ですが、
専門性のスキルアップと生涯勉強を心がけ、社会のニーズに応えることで
薬剤師の仕事のさらなる魅力アップややりがいにつながることでしょう。

 

ページの上に戻る