薬剤師 仕事

薬剤師とは

薬剤師とは、厚生労働省が管轄する国家資格取得者で、
医師の処方箋に基づいて調剤・供給したり、その他の薬事衛生面を職務として取り扱い、
国民の健康な生活を手助けしてくれる方のことを言います。

 

お年寄りから小さなお子さんまで、
薬を服用したことは、ほとんどの皆さんがあると思いますが、
薬剤師といえば、医師の処方箋にしたがって薬を出してくれるイメージが先行し、
薬局は”薬を調剤してもらうところ”と生活者の9割の方が考えています。

 

薬には、医師の処方箋にもとづいて薬剤師が調剤する”医療用医薬品”と、
処方箋なしで買える”一般用医薬品(OTC薬:Over the Counter、市販薬)”の大きく2種類があり、
調剤及び調剤時の服薬指導や情報提供は薬剤師の最も代表的な業務です。

 

ただ、薬剤師の最も代表的な業務は調剤ですが、
現在では医師の処方箋通りに薬を正確に調整するだけでは十分とは言えないようです。

 

薬の有効性や安全性を確保して適正な使用をすすめるため、
処分された薬に関する副作用や、一緒に使っている薬との相互作用について
患者さんの体質やアレルギー歴、これまでの服薬状況などをまとめた記録と照合したり、
患者さんとの対話で疑問点があれば医師に照会した上で調剤することが必要となっています。

 

その為、薬を適切に服用する為には
個々の患者さんに合わせた服薬指導も行わなければなりません。
また、医師にも必要な情報を提供することが求められており、
こうした業務をすすめるに当たって
薬に関する最新情報の収集と整理も薬剤師の重要な業務となっています。

 

生活者に薬剤師や薬局について尋ねてみると、

 

「薬について、相談や説明が聞ける」
「健康や病気のことについての悩みを相談できる」
「一般用医薬品(OTC薬、市販薬)などを購入するときでも安心」
「薬や病気以外の事でも、気軽に相談できる」

 

などの意見が多いですので、体調のすぐれない方が薬局を訪れた際に、症状の訴えなどから、
薬剤師は医療機関やかかりつけ医などへ受診をすすめたり、一般用医薬品による対応、
生活指導、のいずれかに振り分け、適切な対応の提案もしています。

 

こうした業務を、最近では薬剤師によるトリアージと呼び、
薬剤師が地域の”なんでも相談出来る身近なホームドクター”として重要な役割となっています。

 

ちなみに、この「トリアージ」という言葉は、本来は災害医療や病院の救急外来において、
患者さんの重症度を識別し、治療の優先度を決定することで、
「薬剤師によるトリアージ」とは、この言葉を転用したものです。

 

実際、このような薬剤師によるトリアージが、
患者さんの病気治療や早期回復、副作用のリスク軽減などに役立ったケースも多くあります。

 

 

薬剤師の人数や勤務先について

 

厚生労働省の調査によると、全国の薬剤師の数は、約270,000人とされ、
男女比では男性役39%、女性61%と女性が多く、
年齢区分では30歳代(26%)、40歳代(23%)の順となっています。

 

また、薬剤師の勤務場所は、半数(53%)が薬局やドラックストアで、
次いで病院・診療所(19%)、製薬会社等(18%)などとなっています。

 

他の勤務先として、学校保健安全法にもとづき、幼稚園から高校まで、
水道水やプールなどの水質、アレルギー原因物質、食中毒などの衛生管理、飲酒・喫煙防止、
薬物乱用防止、さらには薬の適正使用に関する知識の普及や啓発活動など、
多岐にわたる職務に従事している”学校薬剤師”や、

 

病気やけがの治療のために、ドーピングを意図せず服用した薬で陽性となってしまう、
いわゆる”うっかりドーピング”の防止などで活躍が予想される
健全なスポーツの発展に貢献する”スポーツファーマシスト”の存在もあります。

 

ページの上に戻る