薬剤師 仕事

役に立つ薬剤師専門の転職サイト

ご存じの方も多いと思いますが、現在の薬剤師求人市場は基本的に「売り手市場」です。
ですがそれは、転職希望者が全員転職に成功する、ということは意味しません。

 

自分の望み通りの条件で転職できた方もいれば、
自分の希望通りの転職ができなかった方や、妥協して転職してしまった方、
転職してから勤務先の実情を知ってがくぜんとした方など、ケースは様々です。

 

転職で成功する秘訣は、「行動力」と「情報力」です。
行動力は皆さんの頑張りにかかっていますが、
「情報力」については独力での情報収集には限界があります。
こんな時に役立つのが薬剤師専門の転職支援サイトです。

 

転職希望者の一人ひとりに担当コンサルタントが付きますので、
ネットにはない”生きた情報を入手”することができます。

 

ここでは、転職に役立つ薬剤師専門の支援サイトをランキング形式で紹介しています。
よろしければご参考にしてみてください。

 

 

薬剤師の転職サイト おすすめ人気ランキング

http://yakuwork.com/l/rikunabi-yakuzaishi/
  • リクルートエージェント、タウンワーク、リクナビ、とらばーゆなどを通じ、

    年間100万人以上の転職を支援する
    リクルートグループが運営する薬剤師専門のサービスです。

  • 大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院など、

    希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップ!

  • 選りすぐりの非公開求人には、

    リクルートグループでしか見つからない求人も多数あります。

  • 新着求人は毎日30件以上!土日休み、高給与、残業ナシ、駅チカなど、

    好条件求人を紹介しています。

  • 最短で3日を実現!急な転職が必要な方にも、ストレスなく転職できます。

    薬剤師専門のコンサルタントがスピード転職を万全サポートしています。

公開求人数 非公開求人 転職利用者満足度
35,000件以上
対応地域 利用料 許認可番号
全国 無料 13-ユ-080058

雇用形態

公式サイト

正社員・パート・アルバイト

無料登録はこちら

http://yakuwork.com/l/yaku-kyari/
  • 転職希望登録者数No.1!10万人以上の薬剤師が登録しています。
  • 年間利用薬剤師7,200人以上。しかも93.6%の方が”満足”
  • 薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、

    業界・勤務形態を問わず幅広い希望に対応。

  • 地域専任のコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅。
  • 紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能です。
公開求人数 非公開求人 転職利用者満足度
30,000件以上
対応地域 利用料 許認可番号
全国 無料 13-ユ-304437

雇用形態

公式サイト

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣・紹介予定派遣

無料登録はこちら

http://yakuwork.com/l/mynavi-yakuzaishi/
  • 薬剤師転職支援サービスの利用動向調査にて、

    3年連続で”利用者満足度No.1”の評価!

  • 人材関連サービスを40年以上にわたり提供してきた実績があります。
  • 専任コンサルタントは、採用を実施する薬局や病院に対して、

    深いヒアリングを行うとともに、現場の様子をしっかりと確認しています。
    また、採用担当者だけでなく、現場の薬剤師さんにもお話を伺い、
    ”実際のところ”をお伝えするように心がけています。

  • 約38,000件の求人を保有し、一人あたりに紹介する平均紹介求人数は、

    約20件と、薬剤師さんにとって豊富な選択を提示しています。

  • 求人情報は業界トップクラスで、非公開求人も多く、

    理想に最適な職場をご紹介していただけます。

公開求人数 非公開求人 転職利用者満足度
35,000件以上
対応地域 利用料 許認可番号
全国 無料 13-ユ-080554

雇用形態

公式サイト

正社員・契約社員・パート・アルバイト

無料登録はこちら

http://yakuwork.com/l/yakuzaishi-com/
  • 東証一部上場グループ企業。きめ細かくサポートが早い!
  • 転職利用者満足度95.8%!非公開求人やプレミアム求人もあります。
  • 独自のネットワークで、求人票だけでは分からない

    現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況・忙しさなど、
    ”本当に知りたい情報”をお伝えしてくれます。

  • 書類・面接対策・面接動向・条件交渉など徹底したサポート。
  • 薬剤師10,000人以上のサポート実績で納得のいく転職を実現できます。
  • 第一志望内定率92.4%!
公開求人数 非公開求人 転職利用者満足度
35,000件以上
対応地域 利用料 許認可番号
全国 無料 01-ユ-010052

雇用形態

公式サイト

正社員・契約社員・パート・アルバイト

無料登録はこちら

http://www.38-8931.com/
  • 東証一部上場グループ企業。全国15ヵ所の営業所対応。
  • 薬局・病院・ドラッグストアなど、全国公開求人数で業界最大級!
  • 薬剤師専任コンサルタント80名が在籍し丁寧にサポート。
  • 紹介される求人はすべて事前徹底調査済み!

    1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、
    職場の状況を具体的にヒアリングしています。

  • 求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、

    残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声を
    しっかりと求人に反映しています。

  • 薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績!

    年収700万以上求人も多数。

  • 今すぐ転職を考えていない、ちょっと考え中の方でも利用しています。
公開求人数 非公開求人 転職利用者満足度
60,000件以上 薬剤師,仕事,求人,転職
対応地域 利用料 許認可番号
全国 無料 13-ユ-010743

雇用形態

公式サイト

正社員・パート・アルバイト・派遣・紹介予定派遣

無料登録はこちら

 

 

薬剤師が転職する理由とは?

 

薬剤師が転職する理由は人それぞれですが、それなりのパターンはあります。
以下では、薬剤師が転職や退職する典型的な理由を見ていくことにします。

 

結婚・転居を機に

よくあるケースが結婚を機に引越しをすることになり、
通勤の関係で勤務先に通えなくなって転職するパターンです。

 

結婚しても勤務先が近ければ、結婚を機に退職する女性薬剤師の方はあまり多くないのですが、
妊娠(出産)を機に退職する女性薬剤師の方はかなりいます。

 

ですので、結婚・引越しを機に転職した場合、
もし、その後、出産の計画があるのでしたら転職先にキチンと伝えておくとよいでしょう。
急に辞めるとなったら勤務先に迷惑がかかりますし、
場合によって育児休暇をもらえるかもしれないからです。

 

育児休暇を取得するための条件は、大まかに言って以下の通りです。

  • 1年以上、間をおかずに雇用されていた者
  • 子どもが1歳に到達する日を超えて引き続き雇用されることが見込まれる者
  • 育児休暇終了後、最低1年は勤務することが見込まれる者

つまり、転職して半年でいきなり育児休暇を取得することはできませんし、
もしくは契約社員の方で、育児休暇終了後、半年程度で契約の更新がないことがあらかじめて
確定している(少なくとも、会社はそう考えている)方は、育児休暇の取得は難しいと言えます。

 

家庭(育児・家事)との両立

家庭との両立が理由で転職する場合、いくつかパターンがあります。
一つは、勤務先の仕事が大変過ぎて家庭との両立が難しいので、
もっと負担の少ない勤務先に転職するパターンです。

 

病院勤務から調剤薬局への転職がその典型ですが、
調剤薬局の場合は勤務先によって負担の重さが違いますので、
仕事内容を事前によく確認しておく必要があります。

 

二つ目のパターンは、これまで育児などの理由で仕事をしていなかったママさん薬剤師が、
ブランクを経て復職・転職活動をするパターンです。
この場合、お子さんの面倒を代わりに見てくれる方が
どの位支援してくれるかによって働き方も違ってきます。

 

もし変則的な勤務を希望する場合は、
その旨転職希望先に相談すれば融通を利かしてくれることもあります。
この辺りは、転職支援会社の担当コンサルタントとも事前に相談した方がいいでしょう。

 

仕事のペースダウンを図りたい

家庭との両立以外の理由で、仕事のペースダウンを図りたいという理由で転職される薬剤師もいます。
単純に言うと現在の勤務先が激務のためです。
やはり多いのは病院勤務から他への転職です。
病院薬剤師は薬学・薬剤の現場を実地に観察できるという点で勉強になる職場ですが、
30代になると仕事をペースダウンしたいと考える方も少なくありません。

 

スキルアップを図るため

スキルアップや仕事のやりがいを求めての転職です。
たとえば、企業でDI業務や薬事業務に従事する薬剤師の方は、
その方面のノウハウは蓄積できましたが、
医療(特に調剤・薬学)のスキルが磨かれないことにもどかしさを覚え、病院に転職しました。

 

また給料の高さに惹かれてドラッグストアに就職した20代薬剤師の方は、
薬剤師としてのスキルが全く磨かれないことに疑問を感じるようになり、
調剤業務をやりたくて調剤薬局に転職しました。

 

ここで大事なのは、自分がどういう方面のスキルアップを磨きたいかを明確にすることです。
転職活動にあたっては給料や福利厚生などの条件よりも、
転職先でどんな仕事や経験ができるのかを重視しましょう。

 

給料アップを求めて

看護師の転職理由で一番に挙がるのが、給料アップを理由にした転職です。
薬剤師の場合、看護師ほど上位には来ませんが、
より高い年収を求めて転職活動する人も少なからずいます。

 

調剤薬局、ドラッグストアなど勤務先によって違ってきますので
年収を比較したうえで選んでみるのもいいかもしれません。

 

「薬剤師 年収 給料」のページはこちらです

 

給料アップ目的の転職について、もう一つ心に留めておいてよいのは地域です。
看護師は都心ほど給料が高くなりますが、
医師と薬剤師は逆で、地方に行くほど給料が上がりやすくなります。
もしあなたが独身で地域への引っ越しが可能でしたら、
思い切って地方で転職活動をするのも一つの考え方です。

 

人間関係

サラリーマンが会社を辞める理由の第一位がこの(特に上司との)人間関係です。
もちろん、人間関係が原因で転職する薬剤師も大勢します。
転職先は人間関係が円滑な職場がよいと考えるところですが、これが中々簡単なことではありません。
やはり、外側からでは職場内の雰囲気は掴みづらいからです。

 

方法としては、担当者との面接で職場の雰囲気を察知すること、
加えて可能であれば職場を見学させてもらうことです。
これでも100%職場の雰囲気が分かることはありませんが、参考材料にはなるはずです。

 

 

薬剤師転職サイトの上手な使い方

 

薬剤師の転職活動のカギは、上手な転職サイトの使い方にあります。
ポイントは複数サイトへの登録です。
もちろん、人によってはこうしたやり方に不安を覚える方もいると思います。

 

「複数サイトを天秤にかけているみたいで申し訳ない・・・」
「そんなに、いくつも登録すると収拾がつかなくなりそう・・・」

 

確かに、一つのサイトだけよりも複数サイトの方が、少し面倒に感じられる方もいるかもしれません。
ですが、サイトの複数登録にはデメリットを大きく上回るメリットがあります。

 

それは、複数の優良な転職情報が入ってくることです。
普通に考えれば、一番優良な転職支援サイトに申し込んでおけば、
そこから優良な情報が一番多く来ると考えがちですですが、

 

実際には、2番手・3番手のサイトから
一番自分にマッチした転職情報が来るというケースも少なくありません。
こうした自分に合った転職情報に出会えるかは、
転職サイトに登録した数に比例してその確率は高くなります。

 

とはいえ、10個から20個も転職サイトに登録すると、さすがに面倒です。
せいぜい2〜3個のサイトに登録するのが理想的と言えます。

 

 

薬剤師の転職サイトって、使う必要があるの?

 

薬剤師として転職を希望する際、わざわざ転職サイトを利用するまでもないと
考えている人がいるようですが、これは非常に勿体ないことだといえます。なぜなら、
一人で転職活動を行うよりも、薬剤師の転職サイトを活用した方がメリットがあるからです。

 

それでは、薬剤師の転職サイトを利用することによって得られるメリットについて、
代表的なものを3つご紹介していくことにしましょう。

 

 

まず1つ目は、求人数の量が豊富であるということです。

 

一人で転職活動を行った場合、インターネットを活用して求人案件を探したり、
ハローワークへ行って求人案件を探すなど、求人情報の数に限りが出てきてしまうのが現状です。

 

一方、転職サイトを活用した場合、転職サイト毎に扱っている求人数に違いはありますが、
比較的小規模な転職サイトであっても、1万件前後の求人数を扱っている場合がほとんどです。

 

また、条件を絞って検索することができますので、自ら希望する仕事を探しやすく、
忙しい人でも空いた時間に活用することができるといえます。

 

2つ目は、非公開求人を多く扱っているということです。

 

薬剤師の求人の場合、一般公開されているのは、全体の約2割だといわれています。
その他の8割は、一般的に公開されていない非公開の求人情報なのです。

 

人気が集中しやすく待遇や条件が良い求人先は、応募が殺到してしまいます。
ですから、非公開にして応募者を限定することで、優秀な人材を集めやすくしているのです。
そのため、あえて非公開案件として求人を出す調剤薬局や病院などが多いといえます。

 

ということは、一人で転職活動を行っていると、非公開案件に巡り合うことはなく、
一般公開されている求人の中から選ばなければならないことになります。
これでは、希望に沿った求人情報を見つけるまでに時間がかかってしまいます。

 

転職サイトでは、このような非公開案件を多く扱っていますので、
より待遇や条件が良い求人情報が見つかりやすくなっています。
ですから、時には希望していた条件よりも、更に良い条件で転職することも可能となるのです。

 

最後の3つ目についてですが、専属コンサルタントによるフォローを受けることができるということです。

 

ハローワークでも、あらゆるフォローを受けることはできますが、
薬剤師の業界に詳しい担当者がいるかというと、ほとんどいないといえます。

 

一方、転職サイトの場合、薬剤師の業界に精通した、専属のコンサルタントが常駐しています。
ですから、条件を伝えるだけで、代わりに仕事を探してもらえる他、
求人先に対して行う待遇などの交渉も任せることができますので、
より成功した転職がしやすくなるといえるのです。

 

 

また、転職サイトによっては、スキルアップセミナーが開催されていたり、
就職祝い金が支給されたりすることもあります。
上手に活用することで、有利な状態で転職することも可能となるでしょう。

 

以上、3つの特徴についてご紹介しましたが、
この他にも転職サイトを活用するメリットはたくさんあります。
より自分の希望に合った転職先を見つけるためにも、早速無料登録してみてはいかがでしょうか?

 

 

薬剤師の転職サイト おすすめ人気ランキングはこちら

 

ページの上に戻る