薬剤師 仕事

薬剤師 年収 相場

転職で年収を上げるには、まずは他の方の年収や相場を知る必要があります。
そこで、厚生労働省の賃金構造基本統計調査や総務省統計局などの情報をもとに
薬剤師の年収や給料、時給などをリサーチしてみました。

 

 

安定した給料が魅力

 

薬剤師というのは、国家資格を取得した方が
医薬品のスペシャリストとして、薬の調剤や新薬の開発に携わります。
こうした仕事は非常に専門性が高く、医療現場を支える責任重大な仕事でもあることから、
収入も安定していることで知られています。

 

新人の平均年収がおよそ400万円で、全体の平均年収ではおよそ531万円になります。

 

地方においては、薬剤師が不足しているところもあり、
よりよい待遇で働ける可能性があります。

 

また、大手のドラッグストアで店長クラスになると、実力次第で年収700万円を超えることも可能ですし、
独立開業して調剤薬局やドラッグストアを開くことで、より高い報酬を手にする人もいます。

 

薬はコンスタントに売れるものなので、
一般企業のように売り上げに給料が大きく左右されるということはなく、
生涯を通して安定した収入を得ることができますので、その安定性に魅力を感じている方も多いです。

 

 

勤務先における給料目安

 

薬剤師の勤務先は大きく分けて4つに分かれ、各年収目安は以下のようになります。

 

勤務先 年収目安
調剤薬局 約400〜650万円くらい
ドラックストア 約400〜700万円以上(店長クラス)
病院 約400〜650万円くらい
製薬会社 約400〜800万円以上(成果主義による営業職)

 

人数としてもっとも多いのが、
「調剤薬局」や「ドラックストア」などの勤務になります。

 

調剤薬局の薬剤師収入は400万円から、勤続3年目で500万円程度が目安です。
ドラックストアの場合はチェーンによって差があります。
調剤薬局と同等の400万円からスタートして、店長クラスにまで昇格すると、
薬剤師として年収700万円越えも期待できます。

 

病院の場合には、実際に働く病院の規模や法人の大きさなどによって、
かなり大きく左右されることになります。

 

製薬会社はおおむね高給待遇ですが、研究職の採用は極めて少なくなります。
新規採用のほとんどが営業職でこれは成果主義の度合いが強いです。

 

 

薬剤師の独立開業

 

薬剤師は独立開業もできますが、あまりおすすめはできません。

 

自分の思い描いていたような薬局経営をすることができるなどのメリットもありますので
一概には否定できないのですが、個人で開業した後に早く軌道に乗せなければならないことや、
それまでの運転資金などのことも考えるとそれだけハードルが高いということになります。

 

開業には、開業資金と運転資金の両方を合わせると
最低でも2,000〜3,000万円の資金が必要になります。

 

また、近くに同じ調剤薬局ができたりすることもありますし、
もし、大手ドラッグストアなどがライバルになったりすると、
資本力、ブランドイメージの差は明瞭になります。

 

最近の傾向として、独立開業者よりも勤務薬剤師のほうが増えていますので
単に年収アップが目的であれば、薬局経営よりも
大手ドラッグストアなどで働いたほうが良いかもしれません。

 

薬剤師は、薬局やドラッグストアに勤務することで安定した収入を得ることができます。

 

もしも年収や給料が、平均値よりも低く現状に満足できないのであれば、
特に薬局の場合、転職せずに一つのところで勤めていると、
給料が上がりにくいという傾向がありますので、
そのような場合には一度、転職支援サービスの専門コンサルタントに相談してみましょう。
一人で新しい職場を探すよりも、年収アップが期待できる可能性が広がります。

 

 

福利厚生が充実

 

薬剤師は、女性が多い職業としてよく知られています。

 

このため、大手の調剤薬局や病院では育児や介護による休業制度を設けているのが一般的です。
もしもこうした休業制度を使わずに退職してしまったとしても、
薬剤師は派遣社員やパート・アルバイトの薬剤師としての働き口がたくさんあります。

 

派遣社員やパート・アルバイトの給料も、
一般的な仕事に比べると高く設定されていることが多く、時給1,500円〜2,500円ほどになります。
薬剤師の資格を取得している人は、正社員以外の働き方でも比較的多くの収入を得ることが可能です。

 

 

薬剤師 平均年収(統計)

 

厚生労働省の平成26年度賃金構造基本統計調査によれば、
薬剤師の平均年収は38.6歳でおよそ531万円(年間賞与込)となっています。
統計上の数字ですので、勤務地や勤務先によっては、もっと高い給与を見込むこともできます。

 

  • 平均年齢:38.6歳
  • 勤続年数:7年
  • 労働時間:160時間/月
  • 超過労働:11時間/月
  • 月額給与:376,000円
  • 年間賞与:799,700円
  • 平均年収:5,311,700円

 

年度 平均年収(統計)
平成26年(2014) 531万円
平成25年(2013) 533万円
平成24年(2012) 529万円
平成23年(2011) 500万円
平成22年(2010) 518万円
平成21年(2009) 518万円
平成20年(2008) 505万円
平成19年(2007) 513万円
平成18年(2006) 497万円
平成17年(2005) 508万円
平成16年(2004) 515万円
平成15年(2003) 505万円

 

薬剤師 平均月収(統計)

 

薬剤師の年度別の平均月収になります。

 

年度 平均月収(統計)
平成26年(2014) 38万円
平成25年(2013) 37万円
平成24年(2012) 37万円
平成23年(2011) 35万円
平成22年(2010) 37万円
平成21年(2009) 36万円
平成20年(2008) 36万円
平成19年(2007) 36万円
平成18年(2006) 34万円
平成17年(2005) 35万円
平成16年(2004) 35万円
平成15年(2003) 34万円

 

薬剤師 平均年収(年齢別・男女別)

 

年齢別の薬剤師の平均年収で最も高いのは、
男性が50〜54歳の774万円、女性は45〜49歳の599万円となっています。

 

女性のほうがやや年収が低い傾向にあり、
平均年収は男性の590万円に対して、女性は494万円と100万円近く低い数字となっています。

 

男性割合:38.4%  女性割合:61.6%

 

年齢 男性 女性
25〜29歳 480万円 421万円
30〜34歳 569万円 476万円
35〜39歳 634万円 539万円
40〜44歳 698万円 529万円
45〜49歳 720万円 599万円
50〜54歳 774万円 587万円
55〜59歳 673万円 562万円
60〜64歳 633万円 565万円
平均 590万円 494万円

 

薬剤師 平均年収(規模別)

 

薬剤師の統計上の平均年収は、10〜99人の事業所に勤務する人が最も高く592万円となっています。
100〜999人の事業所の平均年収は472万円、1,000人以上は506万円になります。

 

事業所人数 平均年収(規模別)
10〜99人 592万円
100〜999人 472万円
1,000人以上 506万円
10人以上平均 529万円

 

薬剤師 平均年収(地域別)

 

全国の平均年収531万円に対して、
都道府県別では、平均年収がもっとも高い「静岡県」(660万円)と、
もっとも低い「岡山県」(427万円)とでは、実に233万円もの差があります。

 

ちなみに薬局の多い上位5都道府県は
東京都 513万円、大阪府 493万円、神奈川県 556万円、愛知県 530万円、福岡県 482万円で
薬剤師の給与が高い地域とはまったく一致しません。
しかも、東京都と1位の静岡県と比べると150万円前後もの違いが出ています。

 

このデータは転職者の能力や人数によって値に偏りが生じている可能性は否定できませんが、
こうして見てみると、薬剤師は都市部より地方の方が
人材が集まりにくいという理由から年収が高くなりやすく有利だと言えそうです。

 

都道府県 平均年収(地域別)
1位  静岡県 660万円
2位  群馬県 613万円
3位  広島県 609万円
4位  山口県 609万円
5位  青森県 597万円
6位  栃木県 597万円
7位  宮城県 596万円
8位  鳥取県 596万円
9位  新潟県 588万円
10位 三重県 588万円

 

全国の地域別平均年収はこちらのページです

 

 

薬剤師 平均時給(統計)

 

薬剤師の年度別の平均時給になります。
一般的な仕事に比べるとパート・アルバイトの給料も高く設定されています。

 

年度 平均時給(統計)
平成26年(2014) 2,199円
平成25年(2013) 2,130円
平成24年(2012) 2,154円
平成23年(2011) 2,017円
平成22年(2010) 2,124円
平成21年(2009) 2,030円
平成20年(2008) 2,051円
平成19年(2007) 2,041円
平成18年(2006) 1,949円
平成17年(2005) 2,001円
平成16年(2004) 2,021円
平成15年(2003) 1,938円

 

ページの上に戻る