薬剤師 仕事

薬剤師の初任給について

薬剤師を目指し大学を卒業し、晴れて薬剤師としての生活をスタートさせた場合、
新卒者として獲得できる初任給は平均して、"22万5,000円前後"というところが相場になります。

 

そして薬剤師の給与は、この不景気な状況下でも年々上昇しているという現状があります。
それは年々薬剤師の需要が高くなっていて、
薬剤師不足の状況が続いていることが背景にあります。

 

ちなみに、平成26年(2014)の薬剤師の平均月収は38万円でした。
平均年収は、531万円となっています。
女性の比率が高いことを考えると薬剤師の給料は決して悪くはないでしょう。

 

 

また、同じ薬剤師でも男性の場合は、平均年収が590万円、女性は494万円と
性別や年齢によっても差がありますし、
地域や店舗の規模により年収に違いがでる場合もありますし、
ドラッグストアの勤務か調剤薬局の勤務かなど、
どのような職場で働くかによっても給料が変わってきます。

 

薬剤師は大きく分類すると
調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社に分けられますが、
職種によりどのくらい薬剤師の年収が違うのかを比べてみました。

 

 

 

調剤薬局の初任給

調剤薬局に勤務する薬剤師の収入は、初任給が月22万円から30万円程度
初年度の年収で、350万円から400万円程度が相場になります。

 

その後、管理薬剤師の立場になると、
最低でも年収は500万円は超えるといわれています。

 

調剤薬局の年収は、地域や規模により、かなり差がありますが、
平均すると「約400〜650万円くらい」になります。

 

また、地方の調剤薬局では人材不足ということもあり、
経験10年以上で年収800万円という職場もあります。

 

ドラックストアの初任給

ドラッグストアに勤務する薬剤師の収入は、初任給が月25万円から35万円程度
初年度の年収で350万円から450万円程度が相場になります。

 

これに薬剤師手当や残業手当がつく場合もあります。

 

年収は最初から400万円を超えることが多く、
ドラックストア勤務での平均年収は「約400〜700万円以上」になります。

 

店長クラスにまで昇格すると年収700万円越えも期待できます。
ただし、ドラックストアの場合はチェーンによって差がでる場合もあります。

 

病院の初任給

病院に勤務する薬剤師の収入は、初任給が月20万円から25万円程度
初年度の年収で300万円から350万円程度が相場になります。

 

病院勤務での平均年収では「約400〜650万円くらい」になります。

 

一般的には、公立病院の場合、公務員扱いになりますので、
民間の病院に比べて給与体系が良くなり、
民間の薬剤師と比較すると、生涯年収として考えると高くなる傾向にあります。

 

ですので、民間病院は初任給が高めですが昇給は低め、
公立病院の場合は、初任給は低めですが昇給は高めになることが多いです。

 

また、初任給は、その働く病院の規模や法人の大きさなどによって、
かなり大きく左右されることになります。
例えば、小規模な病院や過疎化が進んでいる地域であれば、
いくら大学病院であったり、薬局長といったポストに就いたとしても
他の薬剤師と比較して、給与が低いという場合もありますから、
病院勤務を希望される場合には、内情を知っておくのが就職成功のコツだと言えるでしょう。

 

製薬会社の初任給

製薬会社に勤務する薬剤師の収入は、初任給が月22万円から23万円程度
初年度の年収で300万円から350万円程度が相場になります。

 

製薬会社の営業職は、初任給はあまり高いとは言えませんが、
後に実力次第では右肩上がりに年収も上がり、昇給には期待が持てます。
ですので、生涯年収としては製薬会社の営業職が薬剤師の年収で最も高くなり、

 

平均年収では「約400〜800万円以上」になります。

 

また、製薬会社の場合、研究職としての採用者数が極めて少ないため、
薬剤師の資格を生かしてMR(営業職)に就くことが多くなります。

 

ただMRは営業職なので、薬学の知識だけでなく
人と接することが好きでないと辛い仕事となってしまうでしょう。

 

給料は他の職場よりもかなり高く、一般の製薬会社でも600〜800万円、
大手製薬会社となると1,000万円を超える薬剤師の方も普通に見られますが、
これは本人の実力次第ですから、普通に勤務を続けていても
500万円になかなか届かないという可能性もあり得ます。

 

 

おわりに

 

職種ごとの給料や年収の傾向をまとめると以上のようになりますが、
一口に「薬剤師の初任給」と言ってもその収入には差があり、
特に生涯年収として考えるとその差は大きくなります。

 

ただし、これからも同じ傾向のままだとは限りませんし、
大きな変化が起こる可能性もあり得ます。

 

また、これらの職場だけでなく、薬剤師の資格を持ちながら公務員として、
大学などの研究機関や保健所などの行政機関に勤務する転職方法もあります。

 

 

現在、薬剤師として働いている方は時間的な制約もあり、
仕事をしながらの転職活動は大変だと思います。

 

今では、24時間いつでも自分の空いている余暇時間にパソコンやスマートフォンなどで
求人情報が閲覧できる薬剤師専門の転職支援サイトがいくつもあります。

 

そのような転職支援サイトには、経験豊富なコンサルタントが在籍しているところも多いですので、
仕事で忙しい場合などには、転職条件を伝えておけば、変わりに希望に合った転職先を探してくれたり、
電話やメールでも質問ができ、転職への不安や疑問にも丁寧に答えてくれます。

 

安心して転職活動を進めるためには、こうしたサイトを上手に活用してみるのもいいと思います。
コンサルタント以外にも、一般には公開されない非公開求人も豊富にありますので、
仕事を妥協されずに探されている方にとっては、メリットのほうが多いはずです。

 

 

薬剤師の転職サイト比較はこちらです

 

 

ページの上に戻る